プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2020年06月19日

動画報告:日本のコロナ対策は成功か?第二波にどう備えるのか?(舘田一博・東邦大教授/日本感染症学会理事長)

投稿日 : 2020年06月24日

5月25日に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除となり、日本社会は本格的な活動再開に向けて動き出しました。欧米諸国に比べて、はるかに少ない感染者や死亡者で第一波を抜け出したと見られる日本。外出自粛など法的強制力のない対策で、なぜ感染拡大をおさえることができたのでしょうか。またこうした対策以外の「成功」の要因はあるのでしょうか。さらに、必ず来るとされる第二波に備えるためには、何が必要なのでしょうか。

FPCJでは、東邦大学医学部微生物・感染症学講座の舘田一博(たてだ・かずひろ)教授をお招きし、オンライン・ブリーフィングを開催しました

 

ブリーフィングには、中国、デンマーク、フランス、ドイツ、シンガポール、韓国、米国、べトナムの記者を含む、計44名が参加しました。


配布資料


日時: 2020年6月19日  15:30~16:30

ブリーファー: 舘田一博・東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授/日本感染症学会理事長

■言語: 日本語(英語の逐次通訳付き)


[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信