採用情報

  • Facebook
  • Twitter
  • Print

フォーリン・プレスセンター(FPCJ)の採用情報につきましては、こちらのページをご覧ください。
また、インターン募集もこのページにて行っております。
情報は募集時のみ掲載されますので、要項をご確認の上、ご応募ください。

フォーリン・プレスセンター理事(理事長候補)の公募(2月28日まで)

募集広告


(公財)フォーリン・プレスセンター理事(理事長候補)の公募について


応募期間:2020年1月6日(月)~2月28日(金)



1.フォーリン・プレスセンターとは

1)公益財団法人フォーリン・プレスセンター(以下、FPCJ)は、外国報道関係者の日本取材を支援し、日本の実情を海外に正しく理解してもらうため、日本新聞協会と経団連の共同出資により、1976年に財団法人として設立され、201141日に公益財団法人に移行しています。

 

2FPCJの具体的事業としては、これら外国報道関係者の各種問い合わせ、個別の取材希望に協力しているほか、在日外国報道関係者を対象とした、閣僚や政府関係者、有識者によるブリーフィングや、日本各地を取材するプレスツアーの企画・運営、さらには外国報道関係者招待プログラムの実施、日本事情に関するインターネット広報などを行っています。

また、FPCJは、設立以来40年以上にわたる海外の報道関係者に対する取材協力で蓄積したノウハウ及び人的ネットワーク、高い信頼度を基盤として、政府、自治体、各種法人・団体、民間企業、大学等による海外への情報発信にも協力しています。

 

 

2.理事公募の趣旨、任期

1FPCJの公益事業の展開と安定的な運営実現に向けて、退任する理事(理事長)1名の後任者について、広く各方面から優れた人材を募集します。

 

2)今回の公募により選任された理事候補者は、評議員会の決定を経て理事会の一員となり、理事の互選により常勤の理事長(代表理事)として選任される予定です(代表理事への選任は、理事会の議決によります)。

 

3理事の任期は20205月末から2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時評議員会(例年5月に開催)が終結する日時までですが、再任を妨げません。

 

 

3.理事長の職務、勤務条件、報酬

1)理事長の職務は、上記1.(2)の各種事業を統轄し、また、財政的支援を得ている賛助会員(自治体、企業、大学、団体)との関係発展、さらにはFPCJの人事・財務・会計面を含めた全般的な運営・管理に責任を持ちます。

 

2)理事長の勤務条件、報酬等は以下のとおりです。

①勤務形態:常勤(ただし、勤務時間・休憩、休日については、就業規則の適用はありません)

      (参考:事務局職員の勤務時間は09:3017:30

②勤務地:フォーリン・プレスセンター(東京都千代田区内幸町)

③報酬:役員、評議員及び顧問の報酬等並びに費用に関する規定に従い、年額約600万円(期末手当等諸手当含む)を支給します。

④福利厚生:健康保険、厚生年金保険等

 

 

4.応募の資格・条件等

1)今回の公募では、以下の資格条件を有する方を求めます。

①心身ともに健康で、応募締め切り時点(2020228日)で67歳以下の方

②国内外におけるメディア関連業務(メディアでの勤務、もしくはメディアを対象とした業務)に従事した経験を有する方。

③これまでの職歴において、5年以上の海外勤務経験がある方。

④一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第177条により準用する同法65条に規定されている「役員になることができない者」に該当しないこと。

※成年被後見人、被保佐人又は被補助人、会社法等の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方

 

2)具体的には、以下の資質、能力を求めます。

FPCJの社会的使命を理解、認識し、公平かつ透明性を確保した事業展開に貢献する意思と能力を有すること。

②組織のトップとなるに相応しい高い見識、責任感、強いリーダーシップ及び熱意を有すること。

③日本の内政、外交、経済全般の概況について、在京外国特派員等、外国報道関係者、訪日取材する論説委員クラスのジャーナリストに対して説明し、意見交換ができる見識及び英語力を有すること。

④国際儀礼に精通していること。

 

 

5.応募方法

1)応募される方は、下記①及び②の書類を2020年2月28日(金)までに郵送(締切当日の消印有効)をお願いします。

①自己紹介、応募の動機を記載した書簡(A4版で1枚以内)及び履歴書(書式自由)

②FPCJの事業展開・運営方針(FPCJのHPに掲載)に関する御意見(A4版で3枚以内)

 

2)応募書類の郵送先は、以下のとおりです。

100-0011

東京都千代田区内幸町2-2-1

日本プレスセンタービル6

公益財団法人フォーリン・プレスセンター

事務局長 宛て

 

 

6.選考方法

選考は、評議員会の中に設けられる選考委員会が、公正で透明性のある選考を実施し、評議員会で議決します。

1)第1次選考(書類審査)の結果は、20203月末日までに応募者の方に郵便で通知し、合格者の方には第2次選考の日時も通知します。第2次選考(面接審査、4月予定)を経て、理事の候補者を決定します

 

2)選考委員会は、審査の結果、理事の候補者について、20205月に開催する評議員会に報告します。評議員会では選考委員会の報告を審議し、最終決定を行い、速やかに候補者本人に通知します。

 

 

7.その他の参考事項

1)理事候補者に選出された場合は、健康診断書の追加提出をお願いします。

2)応募書類に記載された個人情報は、厳格に管理し、理事採用選考以外の目的には使用しません。

3)今回の募集・選考の結果、理事1名について適格者が得られない場合は、再度、公募します。

 

********

[本件問合せ]

箕谷(みのや)、矢野

電話:03-3501-3401(代表) ※月~金、10:00~17:00 (土日祝日除く)

Email:saiyo@fpcjpn.or.jp


FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信