プレス・ブリーフィング(案内)

一覧に戻る

実施日 : 2020年10月01日

米大統領選の行方と日米関係(渡辺靖・慶応義塾大学 環境情報学部 教授)

投稿日 : 2020年09月08日

このブリーフィングに
参加する


 

 

11月3日に迫る米大統領選が終盤に差し掛かっています。FPCJでは、勝敗のカギを握るとされるトランプ、バイデン両候補による第一回テレビ討論会(930日)の直後に、慶応義塾大学の渡辺靖(わたなべ・やすし)教授をお招きし、オンライン・ブリーフィングを開催します。「米大統領選の行方と日米関係」をテーマに、世界が注視している米大統領選の見通しと、それが国際社会にもたらすインパクト、とりわけ今後の日米関係への影響についてお話しいただきます。

 





■Zoomウェビナーを利用した「ライブ配信」です。オンラインでの実施のため、会場でご参加いただくことはできません。

■日時:2020年10月1日(木)14:00~15:30 (申込締切:9/30 12:00
■ブリーファー:渡辺靖・慶応義塾大学 環境情報学部 教授
■言語:日本語(英語の逐次通訳付)


■申込締切:9月30日 12:00
※お申し込みに対する確認の返信は行っておりませんが、お申込みいただいた方には、会見前日までに参加方法など詳細を、メールでご案内いたします。


通常のブリーフィングと同様に、質疑応答の時間も設けております(原則、「外国メディア」が対象)

■外国メディアの方へ 
講師への質問や関心事項があれば、予め cp@fpcjpn.or.jp 宛に 、9/30  12:00までにお送りください。
当日は質問時間も限られていますので、事前に取りまとめて講師にお伝えします。

FPCJ賛助会員および大使館員の方も、オブザーバーとしてご参加いただけます(参加費無料)。

 

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信