プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2019年11月14日

動画報告:日韓関係改善の打開策とは(佐々江賢一郎・日本国際問題研究所理事長)

投稿日 : 2019年11月15日

この1年あまり悪化の一途をたどっている日韓関係の影響が、経済、貿易、安全保障などさまざまな分野に拡大しています。そうした中、1024日には、安倍首相が「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した韓国の李洛淵首相と会談し、また、114日には、ASEAN関連首脳会議が開催されたタイで、安倍首相が文在寅大統領と会話するなど、日韓関係改善に向けて両国で模索が続いています。

 

FPCJでは、外務省アジア大洋州局長、外務事務次官、駐アメリカ大使などを歴任し、現在は日本国際問題研究所理事長を務める佐々江賢一郎氏をお迎えし、日韓関係改善に向けて両国は何をすべきかについてお話いただきました。

 

ブリーフィングには、ブランス、シンガポール、韓国、英国、米国、ベトナムの記者を含む、計32名が参加しました。



 

日時: 2019年11月14日(木) 11:00-12:30

テーマ: 日韓関係改善の打開策とは

ブリーファー: 佐々江賢一郎・日本国際問題研究所理事長

言語: 日本語のみ(質疑応答は日英いずれか)


[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信