プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2019年07月29日

動画報告:中高年「ひきこもり」の現状、課題、展望(斎藤環 筑波大学教授)

投稿日 : 2019年07月30日

内閣府は3月末、中高年(4064歳)の「ひきこもり」が全国に推計613千人いて、15~39歳の計541千人(2015年現在)を上回ったとの調査結果を発表しました。きっかけは退職が最多で、3人に1人が経済的に高齢の親に依存していることも判明、親が80代、本人が50代で生活が困窮する「8050問題」の深刻さも裏付けられました。この中高年「ひきこもり」の問題に、どのような対策や支援が可能なのでしょうか。

 

FPCJでは、「ひきこもり」研究・診療の第一人者で、精神科医として30年以上取り組み、20年前から「ひきこもり」の高齢化がもたらす事態に警鐘を鳴らしてこられた筑波大学の斎藤環教授をお招きし、お話頂きました。


ブリーフィングには、中国、シンガポール、デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー、米国のメディアの記者を含む、計20名が参加しました。


配布資料

 

・日時: 2019年7月29日(月) 10:30-12:00

・テーマ: 中高年「ひきこもり」の現状、課題、展望(斎藤環 筑波大学教授)

・ブリーファー: 斎藤環 筑波大学大学院教授

・言語: 日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信