プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2019年04月09日

動画報告:平成に築かれた象徴天皇像とその役割(井上亮・日本経済新聞 編集委員)

投稿日 : 2019年04月08日

 5月1日の新天皇の即位を前に皇位継承の儀式を控え、日本国民にとっての天皇制やその変化に対する関心も高まっています。平成天皇は、30年間で「象徴天皇像」をどのように築かれ、国民との絆を築いてこられたのでしょうか、またその「象徴天皇像」を新天皇はどのように引き継いでいかれるのでしょうか。

 

FPCJでは、14年余りにわたり皇室担当記者として平成天皇の姿を直接取材し伝えてきた日本経済新聞の井上亮編集委員(皇室、近現代史担当)をお招きし、その貴重な経験を踏まえてお話頂きます。井上氏は、元宮内庁長官がつけていたとされる「富田メモ」の報道で2006年度に新聞協会賞を受賞、近著に『象徴天皇の旅 平成に築かれた国民との絆』(平凡社新書)があります。


ブリーフィングには、中国、韓国、シンガポール、フランス、ハンガリー、イタリア、英国、米国のメディアの記者を含む、計34名が参加しました。

 


テーマ: 平成に築かれた象徴天皇像とその役割

ブリーファー: 井上亮・日本経済新聞 編集委員(皇室、近現代史担当)
日時: 2019年4月9日(火)14:00-15:30



[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。


FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信