プレス・ブリーフィング(案内)

一覧に戻る

実施日 : 2018年10月12日

小惑星探査機「はやぶさ2」が挑む人類未踏の探査(津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授)

投稿日 : 2018年10月04日

宇宙航空研究開発機構 (JAXA)の探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」で人類未踏の探査に挑んでいます。9月下旬には「はやぶさ2」から分離した2台の探査ロボットが「リュウグウ」に着陸、今月末には「はやぶさ2」自身が「リュウグウ」に着陸し、小惑星の内部物質の採取という世界でも例のない任務に挑戦します。こうした成果は、地球の起源や進化の解明のほか、地球に近づく小惑星の地球衝突を避ける「プラネタリー・ディフェンス」にも役立つと期待されています。


FPCJでは、「はやぶさ2」のプロジェクト・マネージャーである、津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授をお招きし、これまでの成果や今後の探査計画と意義、国際協力体制等についてお話を伺います。

 

日時: 2018年10月12日(金) 10:00-11:30  

場所: FPCJ会見室(日本プレスセンタービル6階)

言語: 日本語(英語の逐次通訳付き)


【要予約:定員40名】

会場の関係で、事前のお申込みが必要です。 

ご協力を、お願い申し上げます。 


※外国プレス以外に、在京大使館員およびFPCJ賛助会員の方もオブザーバーとしてご出席いただけます(無料)。

お申し込みは原則1機関1名とさせて頂き、満席の場合は、お断りすることがございます。

その場合はご連絡いたしますので、予めご了承頂きますよう、お願い申し上げます。

 

※駐車場はありません。お車でご来場の際には、近隣の有料駐車場をご利用下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信