プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2018年10月12日

動画報告:小惑星探査機「はやぶさ2」が挑む人類未踏の探査(津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授)

投稿日 : 2018年10月17日

宇宙航空研究開発機構 (JAXA)の探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」で人類未踏の探査に挑んでいます。9月下旬には「はやぶさ2」から分離した2台の探査ロボットが「リュウグウ」に着陸、来年1月以降には「はやぶさ2」自身が「リュウグウ」に着陸し、小惑星の内部物質の採取という世界でも例のない任務に挑戦します。こうした成果は、地球の起源や進化の解明のほか、地球に近づく小惑星の地球衝突を避ける「プラネタリー・ディフェンス」にも役立つと期待されています。

 

FPCJでは、「はやぶさ2」のプロジェクト・マネージャーである、津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授をお招きし、これまでの成果や今後の探査計画と意義、国際協力体制等についてお話を伺いました。

 

ブリーフィングには、フランス、インド、ロシア、シンガポール、米国等のメディアの記者を含む計18名が参加しました。

 

 

配布資料

 

・開催日: 2018年10月12日(金) 10:00-11:30   

・ブリーファー:津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授

・言語:日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信