プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年11月08日

動画報告:日本の鉄道を世界に売り込め -JR東日本の国際経営戦略(冨田哲郎 東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長)

投稿日 : 2017年11月07日

近年、地方創生、海外に向けた日本の多様な魅力発信など、鉄道に期待される役割はますます大きくなっています。JR東日本は今年5月、クルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」の運行を開始。高額ながら人気列車となり、JR九州の「ななつ星」、JR西日本の「トワイライトエクスプレス 瑞風」といった列車と共に日本の鉄道に新しい風を吹き込んでいます。こうした動きの一方で、JR東日本は、発足30年の節目を機に国際事業本部を新設、アジアや欧米での鉄道事業に乗り出すなど、国際業務推進の強化も進めています。

 

FPCJでは、JR東日本の冨田哲郎社長をお迎えし、鉄道事業がインバウンドの拡大など地域活性化に果たす役割や、海外鉄道事業への参画など国際事業展開のビジョンについてお話しいただきました。

 

ブリーフィングには、中国、フランス、スペイン、米国のメディアの記者を含む、計34名が参加しました。

 



 

 配布資料:インバウンド戦略、グローバル事業

 

・開催日: 2 017年11月8日(水) 14:00~15:30   

・ブリーファー: 冨田哲郎 東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長

・言語: 日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信