プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年03月27日

動画報告:朝鮮半島情勢と日本(道下徳成 政策研究大学院大学 教授)

投稿日 : 2017年03月28日

北朝鮮の核・ミサイル開発の動きが活発化し、朝鮮半島の安全保障環境が厳しさを増す中、北朝鮮の脅威は新たな段階に入ったとの認識が、日米間で共有されました。また韓国では5月9日に大統領選の投開票が行われる予定で、日本が北朝鮮や韓国とどのように向き合うのか、注目されます。

 

FPCJでは、安全保障・戦略研究、日本の防衛政策、朝鮮半島の安全保障問題がご専門の道下徳成・政策研究大学院大学教授をお招きし、「朝鮮半島情勢と日本」というテーマで、お話し頂きました。 

 

ブリーフィングには、英国、フランス、ドイツ、スペイン、ロシア、中国、韓国、米国のメディアの記者18名を含む計51名が参加しました。

 

 

            【配布資料】 1. レジメ―朝鮮半島情勢と日本 2. 参考資料 

※2.の出典: 1頁:日本政府、2頁:米国政府、3~5頁:日本政府、6頁:ふじみ野市(埼玉県)

 

・開催日:2017年3月27日(月)

・ブリーファー:道下徳成  政策研究大学院大学 教授

・言語:日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

 

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信