プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2016年01月26日

動画報告:「国家戦略特区で動き出す『民泊』、初の条例施行自治体・大田区の挑戦」松原忠義・大田区長

投稿日 : 2016年01月27日

「2020年までに訪日外国人旅行者2000万人」との政府の目標達成が、早くも本年に実現する見通しの中、急増する旅行客に対応しうる宿泊施設不足の解消が大きな課題となっています。そうした中、空いている家やマンションを宿泊施設として利用する「民泊」の活用に期待が高まる一方で、解決すべき課題も指摘されています。

 

FPCJでは、全国に先駆けて今月末に国家戦略特区の規制緩和を活用した「民泊」条例の施行を目指す、東京都大田区の松原忠義区長をお招きしてお話を伺いました。

 

ブリーフィングには、デンマーク、フランス、韓国、米国等のメディアの記者7名、駐日大使館員5名を含む計19名が参加しました。

 

 

[配布資料]

国家戦略特区で動き出す「民泊」、初の条例施行自治体・大田区の挑戦

 

[ブリーファー]
松原忠義区長

 

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信