プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2015年09月04日

動画報告(プレス・ブリーフィング):TPPの日本農業への影響

投稿日 : 2015年09月16日

日本を含め12カ国が交渉に参加している環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が、最終局面を迎えています。7月末に開催された閣僚会合での大筋合意は見送られましたが、早期妥結に向けた取り組みが続けられています。また、日本国内ではTPPをめぐり、日本の農業への影響を危惧する声もある一方で、農産品輸出の大きなチャンスでもあるとの指摘もあり、合意に向けた交渉の行方に引き続き大きな注目が集まっています。

 

FPCJでは、農業政策がご専門のキヤノングローバル研究所研究主幹の山下一仁氏をお招きし、TPP妥結により予想される日本農業への影響や今後の見通しについてお話頂きました。

 

ブリーフィングには、フランス、ドイツ、シンガポール、台湾等のメディアの記者13名、駐日大使館員25名を含む計41名が参加しました。

 

 

[配布資料]

TPPの日本農業への影響

 

[ブリーファー]
山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹

 

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1)記事や放送のタイトル、(2)発行日/放送日、(3)執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信