3.11 東日本大震災関連情報

一覧に戻る

実施日 : 2016年03月02日

動画報告:「『第1回福島第一廃炉国際フォーラム』開催と廃炉・汚染水対策の最新状況」資源エネルギー庁及び東京電力

投稿日 : 2016年03月03日

経済産業省資源エネルギー庁と原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)は、今年4月10日(日)~11日(月)に、福島県いわき市において、「第1回福島第一廃炉国際フォーラム」を開催します。同フォーラムは、世界中の著名な専門家、学生及び地元関係者が一堂に会する、廃炉分野における初めての国際的なフォーラムです。

 

FPCJでは、資源エネルギー庁及び東京電力幹部をお招きし、同フォーラムについてご案内頂く他、震災から5年の節目を迎える福島第一原発の最新状況と、これまでの廃炉・汚染水対策の進捗についてご説明頂きました。

 

ブリーフィングには、オーストラリア、ドイツ、インドネシア、米国等のメディアの記者23名、駐日大使館員7名を含む計33名が参加しました。

 

 

ブリーフィングでは質疑応答前に映像「福島の今」を視聴しました。同映像はこちらからご覧いただけます。

 

[配布資料]

福島第一原発における廃炉・汚染水対策

東京電力福島第一原子力発電所の現状と今後の取り組み

 

[ブリーファー]

樋本諭 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部原子力政策課原子力発電所事故収束対応室原子力発電所事故収束対応調整官

増田尚宏 東京電力福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデント 廃炉・汚染水対策最高責任者

 

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信