プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年10月04日

動画報告:北朝鮮問題のゆくえと日本の対応(伊豆見 元 ・ 東京国際大学国際戦略研究所 教授)

投稿日 : 2017年10月06日

北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進めるなか、北朝鮮と米国および国際社会との緊張がかつてないほど高まっています。過去最大規模となった6回目の核実験を受けて、国連安保理が制裁決議を全会一致で採択するなど北朝鮮への経済的圧力が強まる一方、これに対する北朝鮮の反発や挑発が一層の緊張を生んでいます。

 

北朝鮮は今後どのような動きをとるのか、また日本を含む国際社会はどう対応するべきか。FPCJでは、北朝鮮問題の重鎮である伊豆見元・東京国際大学教授(静岡県立大学名誉教授)をお招きし、お話しいただきました。

 

ブリーフィングには、中国、フランス、ドイツ、韓国、ロシア、英国、米国、ベトナムの記者12名を含む計55名が参加しました。

 

 



 

 

・開催日:  2017年10月4日(水)10:00~12:00

・ブリーファー: 伊豆見 元 ・ 東京国際大学国際戦略研究所 教授

・言語: 日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信