プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年08月22日

動画報告:自殺率3割減に向けて~自殺大綱5年ぶり見直し~ (本橋豊・自殺総合対策推進センター長)

投稿日 : 2017年08月23日

日本における自殺者数は減少傾向にありますが、国際的には依然として高水準にあります。今夏、5年ぶりに見直された「自殺総合対策大綱」では、「自殺死亡率」を2015年比で3割以上減少させる意欲的な目標が掲げられました。また、長時間労働や産後鬱への対策強化が盛り込まれています。

今年7月に新大綱が閣議決定されたタイミングをとらえ、「新大綱の在り方についての検討会」座長として今年5月、政府への報告書をまとめられた本橋豊・自殺総合対策推進センター長に、新大綱の特徴や意義、今後必要とされる自殺対策についてお話しいただきした。

 

ブリーフィングには、フランス、香港、韓国、シンガポール、イギリス、米国の記者を含む、計29人が参加しました。

 



 

 

配布資料:  自殺率3割減に向けて~自殺大綱5年ぶり見直し~

開催日時: 2017年8月22日 (火) 11:00-12:30

言語: 日本語 (英語の逐次通訳付き)

 

 

[お願い]
この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。
*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

 

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信