プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年05月12日

「働き方改革実行計画」について(加藤勝信・働き方改革担当大臣)

投稿日 : 2017年05月15日

日本政府は、3月末に決定した長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ「働き方改革実行計画」に基づいて、今秋の国会に関連法の改正案を提出し、2019年度からの実現を目指しています。

FPCJでは、初めて罰則付きの残業上限を設定する等、安倍総理が「日本の働き方を変える歴史的な一歩」と位置付けるこの計画と実現への道のりについて、加藤勝信・働き方改革担当大臣をお招きし、お話を伺いました。

 

ブリーフィングには、インドネシア、フランス、ドイツ、米国のメディアの記者8名を含む計30名が参加しました。



・開催日:2017年5月12日(金) 16:30- 17:30

・ブリーファー:加藤勝信・働き方改革担当大臣

言語: 1)ご説明(約34分):日本語(英語の「同時」通訳付き)

     2)質疑応答:日本語(英語の「逐次」通訳付き)


[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信