プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2017年01月11日

動画報告:2017年の国内政局(竹中治堅 政策研究大学院大学 教授)

投稿日 : 2017年01月12日

2017年の国内政局の重要課題は、引き続き、安倍政権が推進する 経済政策(いわゆるアベノミクス)と働き方改革が中心になるでしょう。夏の都議選も注目されますが、次の総選挙のタイミングも、日露首脳会談の成果、米国の新政権誕生及びTPP 離脱を含めた同政権の政策も、重要な影響をもたらすと考えられます。

 

FPCJでは、竹中治堅・政策研究大学院大学教授をお招きし、「2017年の国内政局」についてお話し頂きました。

 

ブリーフィングには、米国、中国、韓国、シンガポール等のメディアの記者25名、駐日大使館員35名を含む計65名が参加しました。 

 

 配布資料(英語のみ):  JAPANESE POLITICS IN 2017:LOOKING AHEAD

 

・開催日: 2017年1月11日(水)

・ブリーファー: 竹中治堅 政策研究大学院大学 教授

・言語:日本語(英語の逐次通訳付き)

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、

(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンクを、電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信