プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2016年05月09日

動画報告:日本のテロ対策―現状と今後の対応(河本志朗 日本大学危機管理学部 教授)

投稿日 : 2016年05月10日

テロの脅威に対する国際社会の連携した対応が課題となる中、今月のG7伊勢志摩サミット、また2020年にはオリンピック・パラリンピックの開催を控えて、日本のテロ対策の現状と課題、更に国際社会と協力して日本がとるべき対策等に、注目が集まっています。

 

FPCJでは、テロ対策や国際テロ動向がご専門の河本志朗・日本大学危機管理学部教授をお招きし、お話し頂きました河本教授は、警察庁警備局勤務等を経て、(公財)公共政策調査会で国際テロ対策や危機管理等の研究に従事されました。

 

ブリーフィングには、中国、米国、フランス等のメディアの記者12名、駐日大使館員11名を含む計34名が参加しました。

   

 

配布資料:  1.日本のテロ対策―現状と今後の対応

      2.  テロの未然防止に関する行動計画

 

開催日:  2016年5月9日(月)

ブリーファー: 河本志朗 日本大学危機管理学部 教授

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信