プレス・ブリーフィング(報告)

一覧に戻る

実施日 : 2015年12月07日

動画報告:「新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A)実施決定を受けた概要説明」森下丈二・国際捕鯨委員会日本政府代表

投稿日 : 2015年12月09日

日本政府は11月27日、新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A)の実施に必要な作業が完了したことから、同計画を最終化し、本年度から実施することを決定しました。同決定を受けてFPCJでは、森下丈二・国際捕鯨委員会(IWC)日本政府代表をお招きし、プレス・ブリーフィングを実施しました。

 

ブリーフィングには、米国、フランス、ドイツ等のメディアの記者22名、駐日大使館員14名を含む計37名が参加しました。

 

 

[配布資料(英語のみ)]

(1) Implementation of NEWREP-A

(2) Attachment 1

(3) Attachment 2 (Outline of the Research Plan)

(4) Research Area under NEWREP-A

(5) Report of the Scientific Committee, San Diego, 2015 (SC66a)

(6) The Commercial Whaling Moratorium (Paragraph 10(e) of the International Convention for the Regulation of Whaling) 商業捕鯨モラトリアム(国際捕鯨取締条約附表第10項(e)、1982年採択)

 

[ブリーファー]
森下丈二 国際捕鯨委員会日本政府代表

 

 

[お願い]

この動画報告に基づいて報道をされた方は、(1) 記事や放送のタイトル、(2) 発行日/放送日、(3) 執筆者/製作者、(4)記事のコピーや内容が閲覧可能なウェブサイトのリンク、を電子メール(cp[at]focjpn.or.jp)でお知らせ下さい。

*メールを送る際には、[at]部分を”@”に変更して入力して下さい。

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信