ウォッチ・ジャパン・なう

一覧に戻る

【札幌市】札幌の奥座敷~夏の定山渓~

投稿日 : 2017年08月01日

한국어(韓国語はこちら)

中文(中国語はこちら)

Deutsch(ドイツ語はこちら)

Русский(ロシア語はこちら)

 

 

札幌市国際交流員の劉 亜蕾です。

 

日本の本州と比べて、札幌の夏はいつも爽やかです。札幌に滞在して3年になる私にとって、「酷暑」という単語は昔の言葉のように遠く感じます。

 

夏が短いにも関わらず、札幌は夏のイベントが盛り沢山です。日本国内最大級のビアガーデン、CITY JAZZやPMFなどのコンサート、各所で行われる夏祭りや花火大会…北国の人は短い夏を存分に楽しんでいます。

 

私がここで紹介したいのは「札幌の奥座敷」と呼ばれる「定山渓」です。定山渓は札幌近郊にある温泉郷として有名になり、日本国内に限らず海外のお客さまが一年中絶えず訪れています。私は、札幌に住んだおかげで、四季折々の風情のある定山渓の魅力を体験しました。

 

一年の中でも、夏の定山渓は一番お勧めです。温泉はもちろん、果物狩り、乗馬、登山、カヌー、ラフティング、野外キャンプなど様々なアウトドア体験ができます(各種体験には事前予約が必要な場合があります。)

 

昨年の夏、札幌市の交流員の仲間たちと休日を利用して、定山渓のキャンプ場で初のキャンプ体験をしました。札幌市内から車で約1時間しか離れていない場所ですので、あっという間に賑やかな都市から大自然の中に飛び込むことができます。パソコンやスマートフォンを手放して、自力でテントを張ったり、バーベキューを準備することで、大自然の偉大さと不思議さを感じることができます。仕事、悩み、さらに国の違いなどはこの一瞬で全部忘れられたような気がします。

 

 

 

 







(写真:定山渓自然の村キャンプ場)

 



また、最近では定山渓をさらに盛り上げるイベント――「定山渓ネイチャールミナリエ」を開催しています。昨年定山渓温泉開湯150周年記念を皮切りに始まり、定山渓の自然を生かした繊細で美しいライティングパフォーマンスです。開催2年目となる今年はさらに拡大し、二見公園から二見吊橋まで、灯りがお客さまをお迎えする定山渓の夜はさらなる魅力に溢れています。機会があれば、ぜひ一度足を運んでみてください。


 

(写真:定山渓観光協会公式サイトより)

 

この記事に関する詳細は以下の定山渓観光協会公式サイトをご参考ください。


HP:http://jozankei.jp/ (日本語/英語/中国語簡体字/中国語繁体字)

 

 

お問い合わせ先
札幌市総務局国際部交流課
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
TEL : 011-211-2032 FAX : 011-218-5168
E-mail : kokusai@city.sapporo.jp

FPCJとは
取材協力
取材に役立つ情報
活動の記録
外国への情報発信